2018年05月29日

アンティークフェア in 新宿、 終了しました。


初夏を思わせる気温のなか、アンティークフェアin新宿、終了いたしました。
たくさんの方とお話しさせていただきました。
ありがとうございました。

「本のお直し」の看板を作ってみたのですが、いかがでしたでしょうか。(笑)
革モザイク風に仕上げた文字を切り抜き、台紙にオンレイしてみたのですが。

その成果か(笑)、いつも以上に図書修理のお話させていただきました。
みなさん、文化財級の古書をお持ちなのですね。
「栞子さんのお話に出てくるような本ばかり〜」とひそかに喜んでいましたら、本当に栞子さんのお話の中の本が出てきました。
そして、その本にまつわるお話は製本がミステリー解決の鍵になっていました。
 (三上延著『ビブリア古書堂の事件手帖』、メディアワークス文庫)

その大型本を修復するとして、方法を落ち着いて考えてみました。
新しい革で装丁しなおすとして・・・三方金とのことでしたので一枚革を使用しなければなりません。
6冊セット、安い革は使えませんし・・・
6枚のほとんど印象が変わらない革を探さなければならない、ここからです。
マーブル紙も同様に印象の変わらないものを、たぶん、12枚。
とすると、材料費だけで10〜20万円以上するかな、と。
高い? いえいえ、次世代に残す必要のある本(資料)は、そのくらいの配慮をしなければなりません。
「本に対する殺人」を行ってはならないのです。

革装丁の本をお持ちの方へ。
触ってくださいませね。鼻の脂を革につけながら古書修復を行うツワモノもおりますので。


次回は8月の骨董ジャンボリーへ出店予定です。
みなさま、ありがとうございました。




posted by やまなし製本 at 00:01| 神奈川 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月10日

連絡です


個人的な連絡です。

山崎先生からです。

メール連絡ができなくなっている方がいらっしゃるそうです。
メールを受け取ることはできるようですが、先生からの返信が届いていないらしいです。

お心当たりの方、迷惑メールフォルダーに入っているかもしれません。
お手数ですが、ご確認をお願いいたします。

お騒がせいたしました。
posted by やまなし製本 at 22:45| 神奈川 ☀| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月08日

鶏舞の衣装


ゴールデンウィークが終わった途端に寒くなってしまいました。
ストーブに残った灯油を使い切るのにはよい気温、ですよね・・・


車のある長期休みの仕事、といえば田舎にある実家の片付けということになっております。
そして今回の作業では、”鶏舞”の衣装を発見。

     E9B68FE8889EE8A1A3E8A385-thumbnail2[1].jpg

地元では何かというと’鶏舞’。
「トリマイ」という言葉と衣装は何となく知ってはいても、’鶏舞’とは何かを知らない。
今回、衣装の寄贈先を探しながら、鶏舞というものを知りました。

地域で衣装や踊り方も少しずつ違うようでしたが、鮮やかな青い色の袴に白い三本の線という特徴で、母が勤務先で誂えたものであることが判明しました。
派手な着物は一枚は腰から垂らし、一枚を着るようです。
紙でできた鶏の被り物もあったと思ったのですが、捨ててしまったかもしれません。

神楽の一種であること、天岩戸の一番鶏の鳴き声を模した踊りであること。
そう、見学した高千穂の神楽と何ら変わりないではありませんか!

そいえば、ちょうど、オガタマノキがあちこちで咲いている季節ですね。
オガタマノキ、漢字は「招霊の木」となるそうです。
招かれる霊というのは、アマテラスオオミカミ。
アメノウズメが天岩戸のまえでオガタマノキの枝をもって踊ったとか。
巫女さんが躍るときに手に持つ鈴の´モト’だとか。
文化を知る、ということは大変なことです・・・

発見した衣装は保存会に寄贈することになりました。


posted by やまなし製本 at 23:33| 神奈川 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。